ログコレクタはfluentdだろが!というお叱りを受けるである昨今でございますが、一応rsyslogでもTCPでリモートサーバにログデータを転送することはできます。 送ることは…ね。
巷ではsystemのログ収集もfluentでやったりするのかなー?
まあいい。

で、そのリモートサーバの冗長構成をとるときはこんな感じで/etc/rsyslog.confに書く必要があります。(もちろん送信元)
*.* @@プライマリサーバのIP
$ActionExecOnlyWhenPreviousIsSuspended on
& @@セカンダリサーバのIP
& @@それでも失敗したらのサーバIP
& それでも失敗したらローカルに吐く仕様であればパス
$ActionExecOnlyWhenPreviousIsSuspended off
これ参考

わりと日本語のサイトには、この設定方法が書いてあるサイトを見つけられなかったので、一応できましたよという報告でした。

 余談:
一応確認は、プライマリを落として
[root@secondary ~]# while :
> do
> sleep 1
> echo date
> netstat -anp | grep rsyslog
> done

[root@secondary ~]#
とかでセカンダリの通信の状況を確認するとよろしいかと思います。

ただ、 何を持ってfailって判断してるのかよくわからないので、知ってる人おせーてください。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

livedoor プロフィール
Twitter
instagram(SnapWidget)
タグクラウド
  • ライブドアブログ