一個前の記事でスライドをmarkdownで…みたいなこと書きましたが単に
これです。

ただ気に食わない所が
  • ページを増やすときにファイル何個も作らないといけなくてだるい
  • スライドの置き場が固定(slidesってディレクトリの中に入れないといけない)
ってのがあって、慣れかもしれないけど何個もスライド作らないといけないのはちょっとだるいです。
前者は仕様としてしょうがないのかもしれないですが、後者は
~/slide ❯❯❯ cat ~/tool/slide.sh
#!/bin/bash

#
# start slides
#

PATH_SLIDE=~/slide
PATH_SLIDE_DATA=${PATH_SLIDE}/data
PATH_SLIDE_SYMBOL=${PATH_SLIDE}/slides
TMP=$(ls -t ${PATH_SLIDE_DATA} | head -1)
PATH_SLIDE_DIR=${PATH_SLIDE_DATA}/${TMP}


rm -f ${PATH_SLIDE_SYMBOL} && ln -s ${PATH_SLIDE_DIR} ${PATH_SLIDE_SYMBOL}
cd ${PATH_SLIDE}
echo usage:pdf open http://localhost:9000/?print-pdf#/
grunt serve
~/slide ❯❯❯
こんな感じにして、一番新しいディレクトリにシンボリックリンクを挿し直すようなことをしてgrunt serveしました。
※ ボクはディレクトリとかファイル名をyymmdd***みたいな感じでつけるので。

なので資料をdataディレクトリに突っ込んでおき、これを叩けばスライドががが、って状態にしています。便利。 
ホントはApp::revealupを試したかったんですが断念したんですわ。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

livedoor プロフィール
Twitter
instagram(SnapWidget)
タグクラウド
  • ライブドアブログ