前の記事ような設定でmarkdownを書いてるのですが、GhostTextからST3を開くといっつもSyntaxがMarkdownEditingのGFMで開くのでマジうっとおしくて(OmniMarkupPreviewerのプレビューがSyntax > Markdownじゃないと動かない)いつかどうにかしてやるとちょこちょこみてたのですがどうにもこうにも…
  • MarkdownEditingのデフォルトの設定をGFMから変えられればいいんじゃね? -> 各種設定を見なおしたがデフォルトの設定がみあたらず。extensionを設定してもだめ。(当たり前。保存してない)
  • OmniでGFMでもプレビュー開くようにすればいいんじゃね? -> そんな設定ない。(と思う)
  • GhostTextの設定直せばいいんじゃね -> デフォルト空じゃん…
きいいいいいいとなって、もっかい確認した所

~/git ❯❯❯ cat GhostText-for-SublimeText/GhostText.sublime-settings
{
    "server_port": "4001",
    "new_window_on_connect": false,
    "close_view_on_disconnect": false,
    "default_syntax": "Markdown.tmLanguage",
    "host_to_syntax": {
        "sandbox.onlinephpfunctions.com": "PHP.tmLanguage",
        "textarea.org": "HTML.tmLanguage"
    },
    "view_title_prefix": {
        "connected": "☗ ●",
        "disconnected": "☗ ☾"
    }
}
~/git ❯❯❯

え、あるやん。今までの俺の苦労はなんやったんや。

とりあえずdefault_syntaxの項目を変えてみて

~/D/GhostText-for-SublimeText-master ❯❯❯ diff GhostText.sublime-settings ~/git/GhostText-for-SublimeText/GhostText.sublime-settings
--- GhostText.sublime-settings	2014-12-10 03:59:06.000000000 +0900
+++ /Users/kmori/git/GhostText-for-SublimeText/GhostText.sublime-settings	2014-12-11 17:04:38.000000000 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
     "server_port": "4001",
     "new_window_on_connect": false,
     "close_view_on_disconnect": false,
-    "default_syntax": "Markdown.tmLanguage",
+    "default_syntax": "Markdown (Standard).tmLanguage",
     "host_to_syntax": {
         "sandbox.onlinephpfunctions.com": "PHP.tmLanguage",
         "textarea.org": "HTML.tmLanguage"
~/D/GhostText-for-SublimeText-master ❯❯❯

わーい。ハッピー。
ここまで辿り着くのにもちょっと時間かかったけど…

[ 補足 ]
ポートがよくかぶるので、 server_portを4011とか適当な番号に変えてます。(これの存在をしらなかったので、今まではソースを直に変更していました。)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Twitter
instagram(SnapWidget)
タグクラウド
  • ライブドアブログ